2016年10月01日

膝の痛み、治療


こんにちは^-^

今日から10月ですね。

今年もあと3ヶ月。早い早い。


昨日、当院前のプランターのお花の植え替えをしていたら、

立ち上がる時に右膝内側に痛み。

普段は痛みはないが、立ったり座ったりが痛い。

元々O脚が酷く、30代から変形性膝関節症と言われていましたが、

そろそろ、治療が必要ですね。

DSC_0015.JPG

お見苦しい足で申し訳ありませんが、セルフ鍼治療をしました。

この後、お灸もしてテーピング。

来週には良くなると思います。





posted by 院長 at 16:50| Comment(0) | 膝の痛み

2016年02月01日

怒り



こんにちは^-^

毎日、寒い日が続きますね。

私の今年の目標を新年に書きましたが、

怒らない事!!

本日破られました・・・・・

原因は祖母・・・・

前にも膝の痛みの話で、家の祖母の話を書きましたが、

家の祖母は、脊柱管狭窄症と変形性膝関節症で、

毎週一回、私が治療をしています。

本日、運動指導の確認をしたところ、

脊柱管狭窄の体幹トレーニングは行っていましたが、

膝の大腿四頭筋トレーニングは月に2回位とのこと・・・

怒・怒・怒・怒・怒・怒・・・・

筋トレは3日に1回行わなければダメです。

意味が無いわけではないですが、

本気で良くなりたいなら3日1回が必須です。


病気には様々な治療法がありますが、

治療家が行えるのは治すお手伝いをすること。

勿論、適切な治療を受ける事が大事ですが、

根本治癒するために必要な、運動指導や生活指導を、

正しく行い、より早く改善させることだと思います。

なぜなら、病気は進行性だからです。

祖母の様に筋トレをさぼれば、膝の骨の負担が増し、

どんどん変形が進み、悪化し、

最後は歩けなくなるからです。


祖母には何度も説明しているのですが・・・・・

治療は難しいですね。

今日は少々きつく怒ってしまいましたが、

また、根気よく説明し、治療して行こうと思います。

あ、患者様には優〜しく説明しますので・・・(笑)



posted by 院長 at 13:59| Comment(0) | 膝の痛み

2013年05月16日

トミさんの話


トミさん88歳、女性、膝の痛み。

僕の祖母です^ ^


20年位前から、加齢により、膝が変形、痛みが出ています。

週一回、お医者さんに通い、ヒアルロン酸注射。

ここ五年はペースメーカーが入っている為、電気治療などのリハビリは

受けられません。

僕が開院してから、鍼灸治療を週一回行ってきました。


前にも書きましたが、変形性膝関節症は進行性です。

ですから、治療をするだけではダメです。同時に、太ももの筋肉を鍛えて、

膝の負担を減らさないと、治療で痛みが取れても、病状は進行します。

そして、次に痛みが出た時には、前より悪化していくのです。

もちろん、体重管理も重要です。


僕が整形外科のリハビリに勤めているときから、

足に付けるトレーニング用の重りを用意し、毎日トレーニングをするよう、

言ってきましたが、やらない・・・・・・・・。

2、3回やったら、次の日膝が痛くなったからと本人。

開院して僕が治療するようになってからも、たびたび、トレーニングを

進めましたが、やっている様子がない。重りにホコリが被っているから。


ついに今年の初めに、『本人が治す気が無いなら、もう治療しないよ』っと

きつく言い放ちました。

家族ですので・・・・・・初めはやさしく言ってたんですよあせあせ(飛び散る汗)

来週までに、治療するのか、あきらめるのか決めなさいっと・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)


結果、ようやく重い腰をあげ、足に重りをつけてトレーニングを再開!!

5ヶ月たった今では、トレーニングが毎日の日課になり、

結果、階段を昇降するたびにグキグキ鳴っていた音が次第に無くなり、

痛みも大分良くなっているようです。

ただ、残念なことに、曲がった膝がもどる訳ではありません。

もっと早く僕が厳しく言っていれば、今ほど膝が曲がる前に、

防げたのではと、後悔もあります。


治療は難しいです。まして家族ではなく患者様の場合はなおさら。

本人の為とはいえ、厳しすぎれば嫌われますし、やさしすぎれば治らない。

たぶん、良い治療家は患者様の為になれば、嫌われても・・・・・・・。

今、やさしくして、数年後に歩けなくなるよりは、嫌われても、

一生元気で歩けるようにするのが勤めかと思います。


とは言ってもあまり厳しく言えないこの私・・・・・・・。

出来ることは、丁寧な病態と治療の説明をし、トレーニングの必要性や、

体重管理の必要性を、理解して頂くことかなと思います。


トミさん100歳までがんばりましょーるんるん






posted by 院長 at 11:25| Comment(0) | 膝の痛み