2014年01月10日

冷えと食べ物


こんにちは^ ^

今日は寒いですね。週末は大寒波が近づいているとか雪

寒いの大嫌いな私は、今日もヒートテックを着込んでおります^-^


前にも冷え性の治療について書きましたが、

今日は冷え性の原因になる飲食物の話を書きます。

当院では不妊症の患者様がとても多く来院されていますが、

冷えは、不妊症や肩こり、腰痛、他すべての病気と関係があります。

前回のブログには筋肉を増やしたり、運動や鍼灸治療で血流を良くする話を

書きましたが、食べ物で体の中から冷やさないというのも、とても大事です。


体を冷やす食べ物

当たり前ですが、アイスクリームや冷たい飲み物。

生野菜、スイーツ(甘い食べ物、特に洋菓子やチョコレートなど)。

東洋医学的には粉物も体を冷やします。麺類、パンなど。


野菜の中では特に夏野菜は暑い夏を乗り切るために、

体を冷やすように出来ていますので、冬は冬野菜がおすすめです!!

果物も同じです。

要は今が旬の食べ物を食べるのが良いです。

また、暑い国の食べ物は体を冷やすように出来ているため、

冬場は控えめにした方が良いでしょう。


反対に体を温める食べ物は、ネギなどの冬野菜や、お肉、

カプサイシンを含む唐辛子も良いですが、唐辛子は食べ過ぎると

汗をかいて体が冷えてしまいますので、

汗をかかない程度に採る工夫が必要です。


冷え性を治すには


@体を冷やさない食事。(アイスクリームは健康には最悪の食べ物です)

A有酸素運動で血行を促進。(体に熱を運ぶのは血流です)

B無酸素運動(筋力トレーニング)で筋肉を増やす。(熱を作るのは筋肉です)

Cゆっくり入浴。(半身浴で20分)

Dストレスをためない。(自律神経は血流に関係します)

E家庭用のお灸をする(市販のせんねん灸など)

F腰から下は絶対に冷やさない。(暖かい服装、ホッカイロなどを使う)

 靴下は2枚以上履きましょう。女性はスカートは避ける。


プラスアルファで定期的に鍼灸治療をすると、

全身の血流が良くなりますし、自己免疫機能が活発に働き、

風邪なども引きにくくなりますのでおすすめです。


まだまだ冬はこれからですが、冷え性対策をしっかりとして、

寒い冬を乗り切りましょうるんるん


入間市、仏子駅前、北斗鍼灸治療院

posted by 院長 at 11:48| Comment(0) | 冷え性

2013年03月01日

冷え性


こんばんは^ ^

今日は暖かかったですね。明日からまた寒くなるそうですが・・・・・。


今日は女性に多い冷え性についてです。

冷え性は、それだけでも辛いですが、様々な病気を引き起こす原因に

なります。

たとえば、肩こり、腰痛、頭痛、生理痛、胃腸不良、不妊症、・・・・・・・・

体が冷えることにより、難病も含め様々な病気のきっかけになります。

中には癌などにも影響があるとおっしゃる先生も居るぐらいです。


それだけに冷え性対策は重要になります。


まずは、冷えの原因を知ろう!!

体に熱を運ぶのは血流ですので、血流が悪い。

血液を運ぶのは筋肉ですので、筋力不足。イコール運動不足。

熱を作るためには、食事、運動!!!!

あたりまえですが、これしかありません。


次に外から体を冷やさない!!

冷たい飲み物。食べ物。寒い服装・・・・特に腰から下は

絶対に冷やさない。

入浴は必ず湯船に浸かること。できれば半身浴で。


とまあ、いろいろ書きましたが

ここからが本題です。・・・・・当院の宣伝ですわーい(嬉しい顔)

鍼灸治療を定期的にすることによって血流の改善に繋がります。

また、日曜日に温活教室、お灸教室も開催しております。

ご自宅でのお灸によるセルフケアが学べます。

お灸教室は、冷え性は勿論、その他の症状も対応致しますので

是非一度ご相談ください。

詳しくは当院ホームページをご覧ください。



北斗鍼灸治療院
posted by 院長 at 21:30| Comment(2) | 冷え性